石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第八節 社稷の危殆

元和三年三月利常江戸に往きしに、秀忠は五月十三日を以て公式に邸に臨めり。この日貺賜甚だ隆にして、献饋亦鄭重を極め、猿樂を奏して觀覽に供す。秀忠利常老臣本多政重等九人に物を賜ひ、政重等も亦物を献じて謁見せしに、秀忠は歡を盡くして還る。