石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第七節 大阪兩陣

次いで十二月三日に至り、前田軍初めてその攻撃行動開始す。この日家康、諸營を巡廻して前田軍に來り、利常に語りて曰く、この城急に薄るべからず、宜しく塹濠を穿ち掩堡を設けて長圍の計を爲し、大礮を城中に放ちて敵を苦しむべしと。利常乃ち之に從へり。然るに本丸の巽に方百聞許の出丸ありて、眞田幸村之に據りしが、幸村の兵その南なる伯母瀬の柵山又は笹山と稱する小丘に出でゝ、前田軍を銃撃するものあり。利常乃ち高所に登りて之を觀望せしが、諸將或はその危からんを憂へ、利常に勸めて山下に避けしめんとせしも、利常は泰然胡床に倚りて動かざりき。山崎長徳乃ち進みて曰く、今日風威甚だ凜烈、若し主將の病に冐さるゝあらば、我が軍の不利是より甚だしきはなし。請ふ共に低所に下らんと。利常之を容れ、徐歩してその所を去れり。是に於いて先鋒の將本多政重等、敵の爲す所を惡み、翌朝未明を以て伯母瀬山を奪取せんと期したりき。

 大阪御陣之節、岡山中納言利常)樣御陣取、高き所に床机に御腰懸られ御座候處、眞田左衞門佐が陣より銕炮特之外打かけ申所、御近習衆、銕炮特之外打申候間、山陰え御下被成候樣に、誰かれ申上候へ共、御返事も不遊候。然所え山崎閑齋參候而(長徳)、今日は風烈敷、自然風など御引候へば物前にいかゞに候間、山陰え御下被遊候へと被申上候へば、誠に是は風烈と被仰、山陰え御下被遊候。閑齋尤成被申樣と、何れも致感心候。
〔藤田安勝筆記微妙公夜話〕