石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第七節 大阪兩陣

利常は十七日麻生津を發し、終夜行軍の後、十八日朝近江海津に著し、直にに乘じて琵琶湖を横ぎれり。この日使者名古屋に在りし家康の許に達し、利常の既に征途に上れることを告げ、十九日利常大津に至りて家康の來るを待つ。然るに家康は二十二日近江永原に著せしを以て、利常はその地に赴きて之に謁せり。二十三日家康矢走より乘船して石場に上陸し、山科を經てに入り、利常大津に止りしが翌日こゝを發し、を經て嵯峨に至り營し、二十九日嵯峨を發して天榊森に著す。時に前田氏の兵、附近の村落に放火して物資を掠奪するものありしかば、十一月二日代官板倉勝重は抗議を利常の重臣に致せり。案ずるに、利常の十月二十二日に認めたりと思はるゝ消息に、家康の明日膳所に來らんとすることを記したるものは、素より風説を述べるに止り、而して冬陣日記に、家康が二十二日膳所に著せりとするものも、この日永原に著したるを以て、利常その地に赴きて謁したるを過聞せるなり。當代記に、『十月二十三日加賀・能登越中三國主松平筑前守[將軍 聟]着陣、下邊陣取、人數二萬餘。』といへるも、亦誤謬なるべし。

 尚々何事なくがいぢんいたし可申候。
 一書申入候。了中(旅)うちつゞきてんき候て、十九日にあふみのうちあふつまでまいり申候。御所(家康)樣は、今日あふみのうちながはら(永原)と申所へ御ざ候よし申候。明日はぜゞがさき、廿四日には入なされ候やうに申候。我等は明日ぜゞがさきにて御目見へ申、明日のばんか廿四日のばんか入いたし可申と存候。にて我等ぢんどりの事、にしの・さが・きぬがさ山、此三ところにて候べく候。我等事そう〱まいり申とて、御所樣さん〲御きげんよく、(以下磨滅)
                           ち く ぜ ん(利常
      つ  ぼ  ね
〔篠島源兵衞清信傳書〕
       ○

  尚々、百姓之家被放火迷惑候由、爰元へ申來候。不實候へ共一筆申入候。以上。
 急度申入候。上山城我等御代官所之内、松井・薪・大住・天神森・岩田、御家中衆被陣取、放火並苅田被成候由、只今百姓元へ申來候。不實儀に候へ共、其元御陣取衆に可被御尋候。爲其以書状申入候。恐々謹言。
                           板 伊賀守(板倉)
    十一月二日(慶長十九年)                      勝   重 在判
      本 安房守本多政重)殿
      奧 攝津守(奧村榮頼)殿
           人々御中
〔澤井文書〕