石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第六節 基督教の傳播

寛永十六年七月廿三日幕府閣老等又令して曰く、基督教は既に堅く之を禁ずる所たりといへども、今尚密かに伴天連を來航せしめんとすといへり。是を以て自今船舶の着津するものにして疑ふべきあらば直に之を精査すべく、若し外國船の風波に遭ひて來るを發見するときは、その乘組を上陸せしむることなくして注進するを要すと。同月廿九日光高乃ち之を領内に告げ、その訴人に對しては幕府よりする賞金に更に半額を加へて之を與へんといへり。