石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第六節 基督教の傳播

島原の亂の鎭定せる年九月、幕府は初めて囑托金の制を定め、伴天連の訴人二百枚、伊留滿の訴人百枚、切支丹訴人五十枚若しくは三十枚を與ふることゝせり。これその教徒の遺類、尚逃れて四方に散在するものあらんを恐れ、全國の都市・宿渡船場等に高札として告示したるものにして、加賀藩に於いては幕府囑托金以外別に伴天連の訴人に金子十枚、伊留滿の訴人に金子五枚、切支丹訴人に金子三枚の副賞金を附せり。この制札の掲げられたる所を囑托場といひ、はこゝに大判金十枚を掛けて之を告發者に與ふることを示せり。但し享保十二年三月町會所所有物調書中に『高札見せ金、判金拾枚、下地赤金(アカガネ)、金めつき。』とあれば、後には正金を囑托場に掛くることを廢して、模型を用ふるに至りしなり。

 一、伴天連之訴人     金子拾枚
 一、いるまんの訴人    金子五枚
 一、きりしたん訴人    金子三枚
 右きりしたん宗旨之もの、御分國中に於之者可申上候。然者公儀御褒美之外、如此書付黄金可下旨被仰出者也。仍如件。
    寛永十五年十月朔日
〔御 定 書〕
       ○
請取申御高札並御掛金之御事
        合拾枚者    金子大判也
 右者きりしたん宗旨御改之御高札、並御掛金判金拾枚慥に請取置、夜之儀者兩天秤屋方え月替に預置、毎日御札掛場にかけ申所如件。
    寛永拾五年拾月二日                竹 屋 仁 兵 衞 印判
                             拾間町 太郎兵衞 印判
                             片 町 六右衞門 印判
                            新 町 彦右衞門 印判
                             堤 町 正 兵 衞 印判
                             山崎町 九 兵 衞 印判
      葛 卷 隼 人樣
      長瀬五郎右衞門樣
〔小松遺文〕