石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第五節 三國統一

十四年三月十八日富山城あり。利長乃ち難を魚津城に避けしが、次いで射水郡關野に築き、九月その成るに及び之に徙る。城郭規模頗る壯大、遺容今尚之を見るを得べし。是より關野を改めて高岡といへり。然るに翌十五年より利長病を發せしかば、將軍秀忠及び前將軍家康は屢書を致して状を訪ひたりき。發病の時期は、秀忠の賜書の初めて三月二十七日に在るによりて略知るべく、症状は利長自身の書状に腫物とし、當代記・慶長年録には唐瘡なりとせり。

 腫物被相煩候由、如何候哉無心元候。能々可療治事專一に候。猶重而可申越候。謹言。
    三月廿七日(慶長十五年)                      秀   忠 在判
     越中中納言利長)殿
〔薫 墨 集〕
       ○

 就所勞無心元、重而溝口伯耆守遣候。聊無油斷療治尤候。猶口上可申候。謹言。
    卯月朔日(慶長十五年)                       秀   忠 在判
      越中中納言殿
〔薫 墨 集〕
       ○

 煩無心元候間、使者差遣候。無油斷御養生專一候。謹言。
    卯月十日(慶長十五年)                       家   康 在判
      越中中納言殿
〔薫 墨 集〕