石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第三節 前田利家の晩年

十四年秀吉京師に方廣寺の興造を命じ、後數年にして成る。十六年利家が領内土民の刀劍を沒收したるは、その鐵材を供給すると共に、彼等の武器を褫奪して治安の便を助くる秀吉の政策に從ひしなり。

  一、矢田村 一、院内村 一、しなの田村 一、谷屋村 一、もろ(マヽ)村入町
 右大佛殿之釘かな物之御用として、諸國在々百姓共之刀脇指を改可申之旨被仰出候之間、在々家並に刀・わきざし・鑓・鐵炮有次第可出候。若かくし置においては、後日聞出候共可成敗候。給人として急度令糺明之候。其上村々之長百姓お山へ召出、せいしさせ可上候也。
    十一月六日(天正十六年)                     印(利家
      青木善四郎殿
      長田猪之助殿
〔菅君雜録〕
       ○

 大佛殿の釘かな物の爲御用、國々在々百姓共の刀脇指を改て可上旨被仰出候間、代官所々在々家並に、刀・脇指・鑓・銕炮有次第可出候。若かくしおくにおいては、後日に聞出候共可成敗候。急与令糺明上候。其上村々のおとな百姓共にせいしをさせ可上候也。
    十一月六日                     印(利家
      三輪藤兵衞殿
      大井久兵衞殿
〔三輪氏藏文書〕