石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第二節 越中平定

天正十五年六月九日、富山城佐々成政は、釆地新川郡を收められて肥後に移封せり。利家乃ち秀吉の命により、假にその舊領を統治せしが、文祿四年秋に至りて之を増賜せらる。次いで慶長二年十月、利長守山城より富山城に移り、三年四月利家致仕するに及びて、射水郡氷見庄は加賀石川河北郡及び能登口郡の一部と共に利家養老領となり、礪波・婦負・新川三郡及び射水郡の殘部は能登鳳至・珠洲二郡と共に利長の領となりしが、四年閏三月利家薨じて利長の盡く之を併有することゝなれり。