石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第二節 越中平定

利家の地位は、こゝに至りて全く安全地帶に入れり。假令その時期の遲きにもせよ、早きにもせよ、秀吉が一たび鞭を擧げて北國に入るの日は、即ち利家開運の日なりしなり。然りといへども秀吉より之を見れば、成政の如きは嚢中の窮鼠のみ。利家あり、長秀ありて之を監視す、毫も憂ふべき所以なし。是を以て彼は先づ紀伊を攻め、四國を屠り、然る後徐に利家年來の厚誼に報ぜんとは欲したりき。而してこの間利家成政とは、常に小爭鬪を繰返したりといへども、之を要するに何等大局に關する變化を生ぜしことあらず。