石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第二章 加賀藩治創始期

第一節 末森の戰

坪井山の本營に在りし成政は、利家の既に來援して越中軍が敗衂せる状を聞き、自ら手兵を率ゐて雌雄を一擧に決せんと欲したりき。然るに利家は速かに隊形を整へ、一陣に村井長頼、二陣に奧村永福・種村三郎四郎、三陣に不破勝光、四陣に利長、五陣に利家の手兵を備へて敵の逆襲を待ちしかば、成政利家の軍事に長けたるを感じ、戰を交へずして軍を班せり。利家或は成政津幡城を襲ひてその餘憤を漏らさんことを恐れ、遙かに之に尾して彼が行動を監視せしに、成政津幡に注目することなく、鳥越附近を過ぎて馬を納れたりき。是より先、鳥越の城主目賀田又右衞門・丹羽源十郎は、利家末森に破れたりとの訛傳を得、直に守備を捨てゝ逃走せり。成政乃ち城中の空しきを知り、一矢を費さずして之を收むることを得たり。利家之を聞きて大に怒り、急に兵を遣はして城を復せんと欲せしが、諸將皆諫止せしを以て之に隨ひ、十二日を以て金澤城に入る。而して又右衞門等に對しては、多く年所を經るの後、向その怒を解かざりき。

 目賀田又右衞門、聚樂にて、蒲生飛騨殿・淺野彈正殿を頼申出。御兩人より徳山五兵衞・齋藤刑部を以て被仰(利家に)上候は、最前越中鳥越にて面目を失申候間、あたまをそり御咄衆之内にも被召仕候樣にとの事に候。大納言(利家)樣其時色々御談義被成、惣而成敗をせんとおもふものも、又ゆるす事も有もの也。然共第一城・とり出などを預、留守をさせ申者の明退事は、侍の見せしめ也。此又右衞門成敗をせで不叶ものに候へども、飛州・彈正に對して命をゆるし申候。召仕候事はおもひもよらずと御意之事。
〔利家夜話〕