石川県立図書館/大型絵図・石川県史

石川県史 第二編

第一章 領主及び領土

明暦元年白山嶺上神祠修造の權利に關し、加賀藩の領民と越前の領民と紛議を釀し、容易に解決を見ず。幕府乃ち寛文八年に至り、加賀藩に屬する能美郡尾添・荒谷の二村を削りて、越前領たりし白山山麓の牛首・風嵐・島・深瀬・下田原・鴇ヶ谷・釜谷・五味島・女原・二口・瀬戸・新保・須納谷・丸山・小原・杖十六ヶ村と共に、之を幕府直轄のとなし、加賀藩に對しては、その代償として近江高島郡海津の中村を與へたりき。是を以て享保二年將軍吉宗前田綱紀に與へたる判物は左の如く、その目録も亦寛文四年のものに、近江國高島郡之内今津村・弘川村高貳千貳百六拾石貳斗八升壹合とありたるを、近江國高島郡之内三ヶ村貳千四百三拾石餘に増加したるを見る。

 加賀・能登越中三箇國百貳拾萬貳千七百六拾石之内、加州江沼能美二郡之内七萬百七拾石餘、越中婦負・新川二郡之内拾萬石、能州四郡之内壹萬石、以上拾八萬百七拾石餘除之。殘百貳萬貳千五百九拾石餘、并近江國高島郡之内三ヶ村貳千四百三拾石餘、高百貳萬五千石餘[目録別紙 ニアリ]事宛行之訖。依代々之例領知え状如件。
    享保貳年八月十一日                 吉   宗 在判
      加賀宰相(前田綱紀)殿
〔越登賀三州志〕