射水市新湊博物館/高樹文庫「石黒信由関係資料」

石黒信由関係資料

5 測量

(1) 測量・製図器具


no史資料名史資料記号
(目録番号)
原本画像目録翻刻現代語訳
器具[1][測量器具]水木・水台器具9画像目録--
[2][測量器具]水木器具8画像目録--
[3][測量器具]目当板器具10画像目録--
[4][測量器具]刃圭器具11画像目録--
測量書[5][測量書]「測量法実用 一」文政十一年一(二)835画像画像目録--



[1][測量器具]水木(みずき)・水台(みずだい) [解説]
 
sokuryo09  [目録 器具9]
 
 二地点間の土地の高低差を測る器具です。高い方の地点に水台を置き、その上に水木を乗せ、水木の長辺をもう一地点に立てた目当板(めあていた)の方向に向けます。水木の溝の中に水を入れ、刃圭(はだま)を両端に浮かべます。水木の片側から二つの刃圭の横針を見通しながら目当板を上下させ、同じ高さに見通せるところで目当板を止めます。このときの目当板から地面までの高さを測り、刃圭の横針から地面までの高さを差し引いて二地点間の高低差を求めます。水台が少しくらい傾いても、水木の溝に水を張ると、その表面は常に水平を保つので速やかに測量を行うことができます。水台は組立式の磁石台と同じものです。石黒信由著『測量法実用』に図解されています。奥行・幅とも31.7cm、高さ67.5cm。      画面トップ
 
--------------------------------------
 
[2][測量器具]水木(みずき) [解説]
 
sokuryo08  [目録 器具8]
 
 二地点間の土地の高低差を測る器具で、水台の上に乗せて用いました。角材の表面に溝を掘り、その両端に刃圭(はだま)を浮かべるための四角い切り込みを設けています。この溝に水を張ると水台が少し傾いていても水面は常に水平を保つので、速やかに測ることができます。石黒信由門人で射水郡南高木村津田十三郎の旧蔵品です。信由著『測量法実用』に図解されています。奥行8.2cm、幅152.6cm、高さ5.8cm。      画面トップ
 
--------------------------------------
 
[3][測量器具]目当板(めあていた) [解説]
 
sokuryo10  [目録 器具10]
 
 二地点間の土地の高低差を測る器具で、水木(みずき)・刃圭(はだま)・水台(みずだい)とともに用いました。白黒に塗り分けられた目当板に縄が付けられて、自由に上げ下げできる構造になっています。低い方の目標地点に立て、刃圭の横針の高さに合わせて板を上下させます。止めたところから地面までの高さを測り、刃圭の横針から地面までの高さを差し引くことで高低差を求めました。石黒信由著『測量法実用』の図解をもとに展示用に復元したものです。棹:長さ2間(3.6m)、目当板:縦8寸(24cm)、横1尺6寸(48cm)、厚さ7分(2cm)。      画面トップ
 
--------------------------------------
 
[4][測量器具]刃圭(はだま) [解説]
 
sokuryo11  [目録 器具11]
 
 水木の溝に張った水に浮かべるもので、座板と平行になるように横針が取り付けられています。二つの刃圭の横針と、もう一地点に立てた目当板を見通し、各々の地面からの高さを測ることで高低差を計算しました。石黒信由門人で射水郡南高木村津田十三郎の旧蔵品です。信由著『測量法実用』に図解されています。座板:縦3.6cm、横3.4cm、高さ3.4cm、横針の長さ1.2cm。      画面トップ
 
--------------------------------------
 
[5][測量書]「測量法実用 一」文政十一年
 
1-2-0835_01_13    1-2-0835_01_11  [目録 一(二)835]
 
 (原本画像)13ページ目に水木、目当板、刃圭について掲載されています。
 (原本画像)11~12ページ目に水台について掲載されています。      画面トップ