高岡市雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ

宝物

作品解説

絵画

本成像(二十代)


本成像(二十代)(ほんじょうぞう)     [目録を見る]   [ 宝物解説へ ]
 
[裏書]
  前住本成尊師画畫像
            于時天保十一庚子年
            春三月廣濟謹寫

 勝興寺第20代住職・本成の肖像である。父は第19代住職・法薫(1759~1831)、母は家女房としか知られない。文化元年(1804)9月29日誕生。鷹司家より、蓮生院広悟を妻に迎えているが、37歳にして死去している。
 
 本成像は、天保5年(1834)制作の画像もある。
[法量他]絹本著色 掛幅装 一幅 縦107.4cm 横49.6cm
[画中]釋本成
[表具]茶地 八藤
[裏書]本願寺釋廣如(花押)
    天保五甲午年四月八日
    越中國射水郡古國府勝興寺物
    寂静院本成像