高岡市雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ

宝物

作品解説

絵画

十炷香覚書 上・下 組香記


十炷香覚書 上・下(じしゅこうおぼえがき じょう・げ) 組香記(くみこうき)   [目録を見る]   [ 宝物解説へ ]
 
 香道の教則本的なものと考えられる。見返しは、絹を貼った上に、金砂子彩色の華麗な春秋図が描かれている。伝来の事情は不明であるが、絵の様式からみて、江戸時代中後期頃のものと考えられる。