柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

わたしたちの柏崎

柏崎のおもなできごと


時代西暦(せいれき)
(元号(げんごう))
おもなできごと
昭和1927
(昭和(しょうわ)2)年
柏崎港(こう)に防波堤(ぼうはてい)ができる。
1928(昭和3)年乗合(のりあい)自動車(じどうしゃ)が柏崎の町を走りはじめる。
1932(昭和7)年ピストンリング工場ができる。
1937(昭和12)年川内(こうち)ダムと浄水場(じょうすいじょう)がつくられ、上水道(じょうすいどう)が使(つか)われはじめる。
1939(昭和14)年国立(こくりつ)新潟りょうよう所ができる。
1940(昭和15)年柏崎の町が市(し)になる。(県下(けんか)で5番目の市)
1945(昭和20)年太平洋(たいへいよう)戦争が終わる。
1953(昭和28)年柏崎港のせいびがはじまる。
1954(昭和29)年テレビ放送(ほうそう)が見られるようになる。
町村合併(ちょうそんがっぺい)が進み、柏崎市が大きくなる。(昭和32年まで)
1958(昭和33)年柏崎市の電報(でんぽう)電話局(でんわきょく)が新しくできる。
1963(昭和38)年ビスケット工場が荒浜(あらはま)にできる。
1966(昭和41)年柏崎市田塚(たつか)に工業団地(こうぎょうだんち)ができる。
赤坂山(あかさかやま)浄水場(じょうすいじょう)がつくられる。
1967(昭和42)年柏崎駅が新しくなる。
1968(昭和43)年新しい市役所(しやくしょ)ができる。市民会館(しみんかいかん)ができる。
1970(昭和45)年消防署(しょうぼうしょ)が茨目(いばらめ)に新しくできる。
1972(昭和47)年新しい中央(ちゅうおう)公民館(こうみんかん)ができる。
駅前通りから西本町(にしほんちょう)にかけて、アーケードができる。
1973(昭和48)年谷根(たんね)ダムができる。
鯖石川(さばいしがわ)ダムができる。(高柳町)
公共(こうきょう)下水道(げすいどう)工事(こうじ)がはじまる。
1976(昭和51)年綾子舞(あやこまい)が国の重要(じゅうよう)無形(むけい)文化財(ぶんかざい)に決まる。
1978(昭和53)年柏崎市全体が集中豪雨(しゅうちゅうごうう)によって洪水(こうずい)となり、被害(ひがい)を受ける。
大久保(おおくぼ)蝋型(ろうがた)鋳金技術(ちゅうきんぎじゅつ)が県の無形文化財に指定される。
1981(昭和56)年自然環境(しぜんかんきょう)浄化(じょうか)センターがつくられる。
北陸(ほくりく)自動車道、西山IC(インターチェンジ)から柏崎ICが開通(かいつう)し、新潟黒埼(くろさき)ICから柏崎ICまで開通する。
1983(昭和58)年西山町総合(そうごう)体育館ができる。(西山町)
1984(昭和59)年柏崎刈羽原子力(げんしりょく)発電所(はつでんしょ)が営業運転(えいぎょううんてん)をはじめる。
1985(昭和60)年総合福祉(そうごうふくし)センターができる。
1986(昭和61)年柏崎市立博物館(はくぶつかん)ができる。
佐藤池(さとうがいけ)球場(きゅうじょう)ができる。
1987(昭和62)年軽井川(かるいがわ)に新潟(にいがた)産業大学(さんぎょうだいがく)ができる。