柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

わたしたちの柏崎

8 新しい柏崎のまちづくり

(2)復興(ふっこう)していく柏崎


生活の基盤を復旧する
 生活の基盤(きばん)である道路、ガス・上下水道(じょうげすいどう)のライフラインや公共(こうきょう)施設(しせつ)などは、国や新潟県と連携(れんけい)して、一日も早い復旧(ふっきゅう)を進めました。
056-1
 
まちの活力を再生する
 被害(ひがい)の大きかったえんま通り商店街などについては、地元の意見を大切にしながら、住民が中心となった、えんま通りまちづくりプロジェクトが進められています。
056-2
 
000-3人々の願いはかなえられたのかな。
 
住民が積極的(せっきょくてき)に復こう活動に参加しているのね。000-1
 
安心して暮らせるまちをつくる
 中越地震と中越沖地震の2度の大地震の経験を生かし、防災訓練などに力を入れ、災害に強い安全で安心なまちづくりを進めています。
056-3
 
市民の生活を再生する
 人々の住宅や生活、医療(いりょう)や心のケアなどを支援(しえん)し、市民が生活に見通しを立て、安心してくらせるまちづくりを進めています。
056-7
 
柏崎の魅力を再生する
 地震直後の風評被害が心配されましたが、柏崎の豊かな自然や文化のPRやイベントを開さいしてイメージアップをはかりました。み力ある海の幸や海洋(かいよう)レジャーきょ点としての「海」をテーマとしたブランド化を進めています。
056-4
 
000-8 きれいな海や花火は、柏崎の自慢(じまん)。
 未来にずっと、残したいね。
 
風評被害(ふうひょうひがい)
ありもしない原因(げんいん)や事実、おおげさな情報(じょうほう)やうわさなどにより受ける被害(ひがい)

 人がにぎわい、集まる空間をつくるため、新しい文化会館の建せつなど、柏崎駅周辺の開発(かいはつ)・整備(せいび)と中心市街地商店街の復こう・再生を進めています。
056-5
 古くからのまち並みや文化財は大きくそこなわれてしまいました。柏崎の自然・歴史・文化・芸術(げいじゅつ)の大切さを再発見して、柏崎らしさを生かしたまちづくりをすすめています。
056-6
 
柏崎の豊かな自然や歴史・文化も守りたいね。000-6
 
000-10東日本大震災では、中越沖地震の経験を生かし、柏崎からたくさんの支援を行いました。