柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

わたしたちの柏崎

7 くらしを高める努力

(1)米のとれる土地をつくろう

⑨川より高い土地へ水を送る


 宮川四郎兵衛(みやがわしろべえ)は、今から300年くらい前に、納屋町(なやまち)(今の西港町(にしみなとちょう)のあたり)の庄屋(しょうや)をしていました。
 小さいときから測量(そくりょう)(土地の高さや広さをはかる)のぎじゅつにすぐれていました。
 そこで、そのぎじゅつを生かして、鵜川からあれ地である「熊谷原」に用水を引き、新しい田にする計画を立てました。
050-3
 宮川新田のような高い台地に田をつくるためには、より高い上流から用水を引かなければなりません。そこで、宮川新田を流れる鵜川の4km上流にせきをつくり、そのせきから用水路をほりわることにしました。
 まず、測量から始めましたが、急で、でこぼこした山のしゃ面に、水が流れるように用水路の位置を決めることは、たいへんな作業でした。夜、ちょうちんをつけて、遠くから高さ低さを見て、用水路をほる位置を決めました。
050-4
 こうして決まった位置に用水路をほり始めました。しかし、山が急な上に、そのころは、道具も「土(ど)ぐわ」「すき」「もっこ」などしかなく、時間もかかり、本当にむずかしい工事となりました。どうしてもほりわることができずに、トンネルをほった所もありました。また、せっかくほった用水路が、がけくずれのためにこわれてしまうこともありました。
 用水路をほる仕事とともに、田をつくるために、木を切ったり、土をならしたりする仕事もいっしょに行われました。大きな木を切り、根をほり起こす仕事も、土を運んだりならしたりする仕事も、一人ではとてもできないたいへんな作業でした。
051-2
 つらく、きびしい工事でしたが、大勢(おおぜい)の人々の協力と努力のおかげで、工事を始めてから4年後の1703年にようやく「宮川新田」が開かれました。

000-7昔の道具は、どのように使ったのかしら。
 
051-1