柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

わたしたちの柏崎

6 柏崎の昔のくらし

(3)昔を伝えるものにはどんなものがあるだろう


綾子舞(あやこまい)
 
043-1
 綾子舞(あやこまい)は、今から約500年前に、鵜川(うかわ)の女谷(おなだに)に伝えられた舞(まい)です。
 今では、高原田(たかんだ)と下野(しもの)の2つの集落(しゅうらく)で、大切に踊(おど)り継(つ)がれています。綾子舞は、女性(じょせい)が演(えん)じる「小歌踊(こうたおどり)」と男性(だんせい)が演(えん)じる「囃子舞(はやしまい)」「狂言(きょうげん)」の3つがあります。
043-2
 
000-5どうして500年前の踊(おど)りが今も残っているのかな。
 
☆綾子舞保存(ほぞん)振興会(しんこうかい)・綾子舞後援会(こうえんかい)事務局長(じむきょくちょう)の小池(こいけ)さんのお話☆
 綾子舞は、初期(しょき)の歌舞伎踊(かぶきおどり)の面影(おもかげ)がのこる古典芸能(こてんげいのう)です。1976(昭和51)年に国の重要(じゅうよう)無形(むけい)民俗文化財(ぶんかざい)に指定(してい)されました。
 綾子舞は、それぞれの集落で踊り方や、踊る人の人数がちがっています。昔は、それぞれの集落に伝わる踊りをひみつにし、踊るのは男性だけでした。しかし、女谷(おなだに)地区に住む人がへり、踊りを伝えることがむずかしくなってきました。そこで、地いきの子どもたちが特別なクラブとして伝承(でんしょう)学習を行っています。また、市と地いきが協力して、希望(きぼう)する人が練習(れんしゅう)する場として伝承講座(こうざ)をもうけています。
 
綾子舞会館(あやこまいかいかん)
 綾子舞の衣装(いしょう)や踊(おど)りのビデオを見ることができます。

<住所>柏崎市女谷(おなだに)4529番地
<電話>0257-29-3811