柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

わたしたちの柏崎

5 くらしの中のごみと水

(2)くらしと水


使われた水のゆくえ:下水道

 使われた水は、自然環境(しぜんかんきょう)浄化(じょうか)センターや各地いきのしせつでしょりされています。
 しせつでは、よごれた水を微生物(びせいぶつ)の力を利用(りよう)して自然にもどすということを行っています。
039-1039-2
 
000-1ほかにも右上に書かれている地区に処理場があるよ。
 
☆自然環境浄化センターの方のお話☆
 下水しょりをし、よごした水を自然に流さない努力が実り、川や海はさらにきれいになってきています。よごれた水でも、一度しょりをされるときれいな水によみがえるとともに、大切な水しげんに生まれ変わります。しょりのとちゅうで出るメタンガスもエネルギーしげんとして活用しています。このセンターが環境問題をかいけつするための大事な役わりをはたしていくことになるでしょう。
 
*メタンガスは、ボイラーの燃料(ねんりょう)として利用されています。