柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

わたしたちの柏崎

2 地いきの人々の仕事

(5)工場の仕事


自動車の部品(ピストンリング)をつくる工場
 
019-2

 北斗(ほくと)町にある工場では、自動車のエンジンに使われている部品「ピストンリング」を作っています。
 一か月に2800万本も製造(せいぞう)され、日本全国の自動車の50%(約半分)がこの工場でつくられたピストンリングをつかっています。
 エンジンを動かす大切な部品なので、まちがいがないよう、何度も検査(けんさ)を重ねています。ピストンリングの製造法は2種類あります。鉄を溶かして形をつくる昔ながらの製造法とスチールの材料(ざいりょう)を加工(かこう)して製造する方法です。
019-3
 
☆工場の方のお話☆
 わたしたちの工場は、1949(昭和24)年に設立(せつりつ)されました。現在では約1,200人が働いています。この工場では、自動車やバイクのエンジンに欠(か)かせない部品(ぶひん)をつくっています。自動車は大勢(おおぜい)の人の命にかかわるものなので、不良品(ふりょうひん)が出ないよう、特に気をつけています。
 現在は、もっとかんきょうにやさしい自動車ができるよう、日々研究をしています。
 
000-11 2007年の中越沖(ちゅうえつおき)地震(じしん)では、工場の機械がすべて止まり、ピストンリングの製造(せいぞう)がストップしてしまったんだ。それにより、全国の自動車工場では、自動車が完成(かんせい)できなくなったんだって。
 とても大切な部品をつくっているんだね。