柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

わたしたちの柏崎

2 地いきの人々の仕事

(5)工場の仕事


ストーブをつくる工場

 宝町(たからまち)にあるストーブをつくる工場では、1日に500台~1000台を生産しています。寒冷地(かんれいち)や会社、学校などで使(つか)う大がたストーブを中心に製造(せいぞう)しています。

「寒冷地(かんれいち)」とは、北海道や東北の寒い地方のことを言います。
 
019-1
 
000-9災害が起きて停電(ていでん)になっても使(つか)える石油ストーブの注文(ちゅうもん)がふえているのだそうです。