柏崎市/高精細デジタルアーカイブ

わたしたちの柏崎

2 地いきの人々の仕事

(3)家ちくを育てる仕事


にわとりを飼(か)う仕事

 西山町にあるようけい場では、現在4万5千羽のにわとりが飼われています。大がたの空調(くうちょう)せつびによって、室内(しつない)気温が30℃~32℃に保(たも)たれるようになっています。

000-4気温が35度をこえると、にわとりは死んでしまうんだって。気温のかんりが大変なんだね。
 
014-3
 にわとりが産(う)んだたまごは、ベルトコンベアにより、自動(じどう)で一か所に集められます。1日に約3万このたまごが産まれます。産まれたたまごの65%は近くの直売所(ちょくばいじょ)で売られ、その他は富山県(とやまけん)に出荷されています。
014-4
 
☆ようけい場の方のお話☆
 わたしのようけい場には、昔は9万羽のにわとりがいました。しかし、「家畜の福祉(ふくし)」(アニマルウェルフェア)の考えのもと、にわとりの生活スペースを標準(ひょうじゅん)の2倍の広さにし、にわとりがゆったりとすごせるようにしました。
 そうすることにより、にわとりにストレスがかからなくなり、質(しつ)のよいたまごを産むことができるのです。