たましん地域文化財団/デジタルアーカイブ

多摩の歴史を立体視!―赤色立体地図の風景―

9.赤色立体地図で見る府中浅間山(『多摩のあゆみ』182号掲載)

(連載)
赤色立体地図で見る府中浅間山
-浮き出てきた戦跡と都市化に伴う地形改変の姿-
青谷 知己(東京都立府中高等学校理科(地学)教諭)
 
PDF『多摩のあゆみ182号』78~85p
 ※PDF内  をクリックすると、高精細画像(カラー)を表示します。

 
 
【誌面掲載図版】
 画像をクリックすると高精細画像を表示します

赤色立体地図 府中市周辺
国土地理院基盤図情報5m標高を使って表現した府中市周辺の赤色立体地図。東西に長く続く二つの崖線があることがわかる。北側の大きな崖線が「国分寺崖線」、その比高は西に行くにつれ低くなり、立川付近で段差が見えなくなる。南側が「府中崖線」と呼ばれる崖線で、その高低差は、東に行くにつれ低くなる。それぞれの崖線に大小の谷が食い込んでいる。国分寺崖線を刻む谷は深く、府中崖線を刻む谷は概して小さい。『多摩のあゆみ』182号誌面には等高線、市境、鉄道路線を載せたが、デジタルアーカイブでは地理院地図との透過のために載せていない。
 

赤色立体地図 府中浅間山
国土地理院基盤図情報1m標高を使って表現した、府中浅間山の各鳥瞰図。南東から(左上)、北東から(右上)、北西から(左下)、南西から(右下)の各鳥瞰図。『新府中市史 自然分野報告書 府中の自然環境』掲載の3D赤色立体地図データより転載。
 
 
赤色立体地図のご利用にあたって