たましん地域文化財団/デジタルアーカイブ

多摩の歴史を立体視!―赤色立体地図の風景―

1.赤色立体地図ことはじめ(『多摩のあゆみ』174号掲載)

(グラビア)
多摩の地形を生き生きと感じよう
直感的に、詳細に地形を読み解くことができる新しい地図「赤色立体地図」。多摩の自然環境を読み解くだけでなく、多摩の開発、人々のくらしのあゆみなどを、臨場感豊かに読み解きます。
 

赤色立体地図で、ピラミッド状に見えるこの盛り上がりはなんだろう?
高精細画像で表示する
 

写真は黄色いマルの場所(町田市成瀬台3 丁目)
高精細画像で表示する
 

多摩丘陵赤色立体地図(この地図は国土地理院の基盤地図情報標高5mを用いて作成した国土地理院承認番号平28情使第1285号)
高精細画像で表示する ※現在の地図(国土地理院)と重ねて見ることができます。
 
赤色立体地図ができるまで
 
(連載)
赤色立体地図ことはじめ
─多摩丘陵で発見されたピラミッドと万里の長城─
千葉達朗(赤色立体地図発明者、アジア航測株式会社 先端技術研究所千葉研究室室長)

PDF『多摩のあゆみ174号』102~107p
 ※PDF内  をクリックすると、高精細画像(カラー)を表示します。
 
【誌面掲載図版】
     図1 地図表現法の比較
     図2 稲城市の平尾団地と神奈川県川崎市の栗平駅周辺の赤色立体地図
        ※誌面の図を北を上に回転させ、現在の地図(国土地理院)と重ねてみました。
       (写真)都県境の踏み跡抜け道
     図3 細長い谷である「谷戸」の地形の発達した多摩丘陵(横浜市新治市民の森)
        ※赤色立体地図を、現在の地図(国土地理院)と重ねてみました。
     図4 (写真)公園として保全された丘陵の自然(横浜市新治市民の森)
 
 
赤色立体地図のご利用にあたって