多摩デジタル新選組資料館/新選組関連資料

羽生家 所蔵資料

近藤勇書簡 三浦休太郎宛 慶応三年霜月十八日


 
時下向寒之節益
御清穆奉南山候
陳二郎事潜伏之義
如之御配慮奉多謝候
就而者同人義少々
相用候事件出来
      候間
無御断引取申候併
逼迫之事御談話
不申上多罪之至何レ
近々拝顔縷々御礼
可申上候旦其時々御内話
有之候関東籏下奮
発之云々區々一策
施行致置候何レ来月
上旬迄二者確報も可
有之と被存候当今模
様如何珍説も有之候ハヽ
御洩泄被成下度先者
 多忙乱筆草々
      不具
霜月十八日
     近藤 勇
 三浦休太郎様
 
  三浦休太郎様  近藤 勇
    机下
 
【現代語訳】

季節は寒さに向かいますが、
益々お健やかに奉ります。
我配下二郎をそちらに潜伏させたこと、
ご配慮して頂き感謝いたします。
ついては、同人を少々、
必要とする事件が出来たため、
無断で引取らせたこと、
急なことだったので説明もせず、
誠に申し訳ありませんでした。
近々にお会いした上で御礼を
申し上げます。
また関東の旗下奮発云々の
一策を行う件は、いずれ来月
上旬までには確報があると思われます。
この節、珍説などあれば
お知らせ下されたく、
多忙のため乱筆にて失礼いたします。
               不具
霜月(十一)月十八日
          近藤勇より
  三浦休太郎様へ