多摩デジタル新選組資料館/新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

文久3年の軍事的緊張と村での対応

文久3年(1863)は、小野路村の領主(地頭)山口直邦がお役替えで新たに騎兵頭に昇進し、山口近江守となったというニュースに始まる。この異動は昨年の年末も押し詰まって12月27日のことであった。29日には村方からも小島角左衛門自身が野津田村名主河井三左衛門と共に江戸の御屋敷へ伺候し、今年の元旦は江戸四ツ谷の旅籠で正月を迎えたのであった。殿様の昇進祝いであるから当然村方からのお祝い金も持参した。日記には小野路から17両、野津田から13両の金子を差上げたことが記されている(『雑書』)。
正月2日に甲州街道を通って小野路村へ帰着した角左衛門は、翌3日にさっそく組頭・百姓代など村役人たちを呼び集め、殿様の昇進のことを報告したところ、みんな大喜びであった、と『雑書』に書いている。
 昨年・文久2年、いわゆる文久改革の一環としての軍制改革で、新たに歩兵・騎兵・砲兵の三兵が編成された。小野路村地頭・山口氏は、幕府の新しい改革に乗って登場しているかに見え、村方でも朗報として迎えられたようである。
しかし、文久改革が、条約勅許をめぐる朝廷と幕府の軋轢が激化してきた政治情勢の下で、幕府が一橋慶喜を将軍後見職に任命し、会津藩主松平容保を京都守護職にあて、朝廷との融和を図るものであったのであり、一方、攘夷政策のために対外軍備強化に備えるものであったことに注目しておかなければならない。
小野路村にとって、このような日本全体を揺るがす新たな政治的緊張があったことを背景として受け止めなければならない情報の第一番目が、山口氏のお役替えの情報だったのである。こうして開けた文久3年の日記には、江戸や京都から、緊張した情報が次々と入ってくることになる。