小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 下巻 十二月 


十二月廿七日 朝ゟ晴
下男馬五郎・和吉・八郎三人湯舟炭山江行なり、
山際歳末之炭拵へ也
一 野津田又二郎・三左衛門両人来種々珍節咄
御座候
一 殿様御上京来子正月五日御発駕之由
被申聞候、御年始之義者正月二日当り之由小林ゟ
内意有之候
一 金拾両也       武左衛門
   貸金利足其外口預り也、何来正月
惣勘定〆可致咄合也