小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 下巻 十二月 


十二月廿五日 朝ゟ晴
下男八郎・和吉朝作り真光寺江行、忠右衛門廿八日迄
佐左衛門方江遣し可申旨申聞候、馬五郎・八郎槇木
伐ニ行、道谷山
一 日野宿佐藤彦五郎方へ年暮炭ニ行、石田
為吉方同断、小児江薩摩(芋脱カ)遣ス也
一 鹿之助・道助両人供傳五郎溝ゟ山際村迄行、
綿屋払并山際刀勘定
一 金拾両也       幾四郎
    普請見舞
一 金壱両也       同人
近所之者普請手伝呉候人江酒代
遣ス、為吉頼参申候、已上
一 手習子供愛度仕舞、豆腐汁・根木汁
に而昼食為致銘々宅内江下り申候
一 宮阪お熊来、例年之通芋洗申候、已上
一 玄米壱斗       源七後け
    扶持米呉遣ス也
一 夜ニ入宇右衛門女房頼遣ス也、玄米壱斗馬五郎
為持遣ス也、同人女房前かけ切壱かけ遣ス也