小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 下巻 十二月 


十二月十八日 朝ゟ晴、四ツ頃迄雪降也
下男八郎米搗地柄臼也、和吉・馬五郎両人ハ
立からうす也、今日愛度節搗也
一 今日節搗之祝也、家内一統愛度祝申候
一 関東御取締御出役方ゟ浪人共立廻候ハヽ、
差押方厳敷御触御座候、上小山田村初ニ而
廻状差出申候、已上
   老の波よりくる門に松風の
     声高砂にきのへ子春
   老の波よりくる門に松風の
     音高々と甲子はる