小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 下巻 十一月 


十一月朔日 雨降也、当賀
下男八郎・和吉大根片付る也、宮阪お熊・お中等来也、香物等
之大根也、靱負殿小橋菴抔江遣ス也
一 昨夜之糯米弐俵弐斗、赤糯也
 一 糯惣〆 五俵
 一 粳米 廿八俵        〆三拾三俵也
  外ニ夫々種籾あり
  惣〆三拾五俵位歟
一 東都糸会所并横濱表江積送り通船問屋共
五、六軒去月廿五日浪人躰之もの切込死人手負都合
廿壱人御検使相済候由、右ニ付渡世致候もの御府内ニ者
絶而無之由、小山田村若林豊二郎殿被参咄御座候、外廿七日
伐込候もの有之由未相分候
一 御取締駒崎清五郎様ゟ御預ケ囚人木曽村ゟ来なり、
相州深谷村無宿日数七日之内当寄場ゟ日野宿迄
七日之日数也、山崎村金五郎連来申候
一 東萬五郎娘久事三ケ年前酉年中下鉄村江片付候処、
如何之事御座候哉今一日岡上村仲人連来申候、暇取申候
為心付与金五両取之、尤腹中任賑(妊娠)之由
一 野津田村又七孫林蔵圖師村菓子屋剱術稽古手合
来又二郎同断、佐重郎・金之助・倉吉・道助・鹿之助出席