小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 下巻 十月 


十月十六日 朝ゟ曇、五ツ頃ゟ晴
下男馬五郎・和吉・八郎・弁太日雇方おさよ来
お喜代も行福全田稲苅又扱也、下男共者芋掘也
一 当八月中家出致候向阪杢兵衛忰、平村水車屋に
車番致居候由、東万五郎娘十夜江行、倒居候人小野路
村之もの年齢十八、九位名者乕与申もの、村方之
水車屋四十日計も居候由申聞候間、早々宮阪七蔵・
向阪源二郎両人今日迎ニ行候由、占之表ニ者東居候
由候得共、当違之通言也
一 八蔵・金之助・六蔵・おふて、門前田稲苅ニ来也、
音二郎・増吉弁当持来也
一 配下杢兵衛忰乕二郎与申者八月廿八日家出致八王子
宿江向行候処、芝崎村之内字立川与申処人、同宿江
米売ニ参途中咄、此節無人我等方江罷越候様
申之同人方江行逗留、夫ゟ九月十二日平村水車有之、
右酒屋米搗入繁多ニ付、留主居致呉候様申ニ付
任其意ニ只今迄罷在候処、五人組・七蔵・源二郎参今日
連来同人宅内江相帰申候、已上