多摩デジタル新選組資料館 新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

梧山堂雑書 文久三年 下巻 十月 


十月十一日 朝ゟ雨降、少々降也
下男馬五郎・和吉荒句小麦作伐ニ行、八郎八王子
米売ニ行
一 若主人原町田武藤平右衛門方江行、□左衛門一件之
探索也
一 お菊昨日山際ゟ帰る也、才造病気之由、依智医師
養貞老懸候由、薬相応之由大丈夫与申事、分家之
八右衛門娘婚礼之義冬日過候ハヽ引取申度、若又悪敷
趣候ハヽ来年者当方差支ニ付、年内之うち内祝言
為致十日計も暇呉候様申越、且下堤縁段ハ来
二月入候ハヽ早速引取申度、是も是非々々懸合
呉候様忠左衛門申聞、才造養躰ニ寄忠左衛門出向候
趣申聞候、依而今日家内下堤江遣申候、愛度
一 御府内本町中屋与(申脱カ)唐物屋江浪人躰美敷士参申聞候、
陣羽織誂ニ参注文致為手付与壱両弐分差出、右品出来引取之
節迄此包預り呉候様申之、慥之もの与心得預り置数日相立候処
取ニ不参、無拠右品包引解候処、中箱ニ横濱表江仕入
差遣候番頭首有之、驚入番頭行衛久敷不相分
居候処、右之次第初而承知恐怖致其段奉行所江
申立、此節戸〆有之由
一 国中ゟ附込候府内町人糸買人共方へ、浪人共四、五人参
申聞候ハ、是迄積込候分ハ不残売捌候様可致、其跡ハ
如何致候哉と相尋候処、決而仕入ハ勿論渡世糸向之義ハ
一切仕間敷旨及挨拶、然ハ右之趣之請書差出候様申之
書面取之立去候由
一 薩摩公家来五人程此節横濱表江参異人与
応接、先達而打払之訳異人ゟ打懸候故打払候趣申之、
異人方ニ而ハ薩州ゟ打候故、此方ゟも打懸候趣申之双方
申争ひ申之由、
右之次第圖師小西与申医師忰鹿之助江相咄
申候間、聞取扣置申候、未事実ハ不相分候
一 米弐俵         八王子
    一駄賃 壱両壱分     八郎行
            五貫九百文余
一 小山田大泉寺無尽為名代貞蔵行、懸金頼遣ス、
下堤善助殿ゟ蕎麦貰新宅お事振舞申候