多摩デジタル新選組資料館 新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

梧山堂雑書 文久三年 下巻 九月 


九月廿七日 朝ゟ皆晴
下男八郎・和吉両人共沼城蕎麦苅ニ行、夫ゟ家造谷
蕎麦苅、又夫ゟ湯舟麦田於根湯(揚カ)ケニ行
一 下堤善助殿来、当春以来地頭所江差出候水夫人足之義、
村割ニ致可然哉否問合御座候、此義者村割ニ致可然候、
手前方ハ百石三両割取立夫ニ而引去可申、不足之処者
小前割可致存寄也
一 先達而中甚左衛門殿ゟ頼之おきよ縁段之義、
去月中実家ゟ咄御座候間、御遣可被下候旨申聞候処、
家継相談之上挨拶可及由被申候、愛度
一 小山田若林三右衛門殿隠宅天井之交張扇子弐枚
新宅届ケ遣候間受取置申候、九ツ時道助持参認申候
一 当夏中差出候人足料之義者、先日百石三両割ニ而被下置候
積ニ付、今日算当さ(差カ)引勘定之上、御長持歩行人足之賃銭
伺之上引去申度旨相認猶付候