多摩デジタル新選組資料館 新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

梧山堂雑書 文久三年 下巻 九月 


九月廿壱日 朝ゟ曇、九ツ時ゟ雨降也
下男八郎・和吉・馬五郎・弁太・お中・お熊日雇方之
安五郎糯稲扱、八郎・安五郎者雑也
一 御代官江川太郎左衛門様暁六ツ時御出立壱里塚
ニ而挑燈消、木曽村江御継立五ツ頃送り人帰宅、役人
孫兵衛・重兵衛両人也
一 昨日与頭佐兵衛方ゟ金子田水車初、為祝与懸り
役人并隣家其外近親之もの招請、我方へ者
蕎麦一重餅壱居り(折カ)貰申候
一 日野宿道御案内下使程ケ谷宿詰合礒八引替
に而只今帰り道助方江立寄茶漬出ス、其節
咄御取締御出役石井権(鑵カ)之助様御手配、東海道
戸塚宿ニ而長脇差躰之もの踏込召捕之節、
抜身ニ而道案内両人番作人壱人都合三人疵
請候由、未聊(聢カ)与不相分候得共、夫ゟ旦那様も
昨日右宿方へ御廻宿ニ相成候、夫故利平司殿も
手間取候事存候、別段心配之義者有之間敷候
一 廣袴村音二郎江戸ゟ帰り廿四、五日頃者村方へ
御廻村有之由御下(家カ)来申聞候
一 横浜異人十四日応接有之候処、交易御断
之義者廿四日迄御猶余異人ゟ願立候由風聞