多摩デジタル新選組資料館/新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

梧山堂雑書 文久三年 下巻

九月


九月十六日 朝ゟ曇、九ツ頃ゟ雨降也、夜中通しに大雨也
下男八郎八王寺宿江行米売也、和吉朝作り木根引取、
夫ゟ五反田糯稲苅ニ行
 
 三九五かへ
  一 米弐俵       弥吉
      代金弐両百文
一 昨日愚子暮六ツ時帰宅、其節寺町秋山佐造方ニ而
京都三揃之懸物相求来代金三百疋也、其砌秋之
咄、京都去月十七日大変之義者、全以長州公ゟ
禁裏江大炮打込候義ニ者無之、実ハ同公堅固之
場所如何之仕業ニ御座候哉、被召上会津公江御預ケ
替ニ相成候由、右を遺恨存右始末与申事、是実説
与被存候
一黄種弐枚分       谷吉
    代壱両三分内三朱道助方分
   手前分壱両弐分壱朱也
一 黄種壱枚     新規之分半取
一 黄種壱枚     金程源三郎・熊二郎世話分
      手付金壱分立替遣置申候、已上
一 細野吉兵衛方ニ而原関戸鉄五郎与申神楽師相頼地中
稲荷奉納庭前江玉壷堂旗等竪祭礼也、村中
見物ニ行、神楽金壱両壱分与申事也