小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 下巻 九月 


九月四日 朝ゟ皆晴、冷気也
下男八郎朝作り、青木葉泊楽江行馬爪切也、和吉
荒句木根脊負、夫ゟ粟庭前江芋(干カ)下女相手
一 上溝田尻芝居江行、八郎・和吉・民五郎・繁蔵
返り之節綿屋ニ而畳表求参候様通帳遣ス也
一 昨二日九ツ時過吉田新田ニ而、三拾以上之侍馬乗
袴着用壱人外弐人平生之袴都合三人、馬乗
フランス人余程上菅之もの也、右之者を粉々伐
捨逃去、東海道戸塚宿迄足付、夫ゟ何方へ行候哉
相知不申趣申之、深谷村外国方道案内立寄相咄、
当組合内心附呉候様申聞候間、三輪村倉之助
呼寄夫探索いたし候様鹿之助ゟ申付候、定廻り方
田中耕之進外壱人厚木町止宿之由承り申候、已上
一 小山左官龜五郎来也、是迄之申訳致候間
勘弁致遣候也、明日寄相初可申旨申聞候、已上