小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 下巻 九月 


九月三日 朝ゟ雲
下男八郎・和吉裏荒句小麦蒔仕度作伐也、朝作者
和吉同所ゟ木之根脊負申候
一 幾造・音二郎上溝芝居江行、但田尻与歟申候方
今日初り也
一 南京小麦種三升・肥拾俵・下糞三杯コクソ
    但、荒句七番三枚分
一 道実父俗名彌助、お雪実父俗名啓太郎両人也、
手跡并印等見二人之子供為見、何も二、三歳位之
時親に被捨候もの共頬に汐(涙カ)を流也、憐之事
御座候、已上
一 府中松本屋浅二郎方ゟ老母快之見舞
遣候節、殊之外祝之躰御座候処、今日態々以使
床揚之赤飯壱重貰申候
一 東万五郎女房初而来、茶有合候間羊甘壱切
呉申候愛度、弁太郎・新助・七之助一同茶呑なり