多摩デジタル新選組資料館 新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

梧山堂雑書 文久三年 上巻 七月 


七月九日 朝ゟ大雨也、夜ニ入大風也
 下男八郎・和吉荒句耕、昼ゟ毛雑谷荒句下苅ニ行、
又五反田関場見廻り
   一 畳屋       弐人
   一 大工壱人     順二郎
一 若主人六ツ半頃出立、御地頭所又御取締様方へ
大小惣代届ケニ行、供才市郎
一 昨夕方道御案内音二郎、程ケ谷宿ゟ囚人恵俊
山駕籠乗連来、直才市郎江申付木曽村役人申遣、
恵俊木曽村圏入預書等一同御注進状亥
下刻関戸村へ継  御出役増山権助様江向ケ、
音二郎ハ泊り也、今日小山田村沢二郎呼寄二(新カ)羽村
恵俊預ケ品書面取に音二郎両人行、市ケ尾泊り
位也
一 御鷹匠様雨天御延引触来也
      一 金弐両口       重二郎
     右者当十二月迄相済可申対談ニ而延置申候処、
為利足半紙廿状白足袋弐足貰申候、已上
一 夜九ツ時本町田継石井鑵助様ゟ廻状来、利平二殿請印
木曽村へ順達致候、下使村役人代与致御用弁相成候者、
差出候様被仰付候