小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 上巻 六月 


六月五日 朝ゟ皆晴、土用入
 下男八郎・和吉・馬五郎朝作り、八郎上溝村外江行、家内之
もの向也、外弐人馬場粟草伐也
一 別處吉兵衛後け病死之趣届ケ来、五人組利右衛門来也
親類兵河和八十八絵旧佐田候、入用は助郷貝田宗申聞候
一 九六弐人       由松・波五郎也
一 昨三日暁八ツ半頃ゟ西 御丸不残焼失致候由、
芝飯倉片町ゟ出火乕御門外迄焼失之趣ニ御座候、
御本丸も同時燃立候得共是ハ鎮火ニ相成候由、偖々
不怪事ニ而奉恐入候、已上