小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 上巻 四月 


四月十九日 朝ゟ晴、殊之外冷気也
下男八郎・和吉桑弐駄伐也、夫ゟ金之助・米二郎両人頼五反田
麦苅也
一 屋根屋三人藁留り之節、酒壱升祝金壱分
遣シ申候、野津田村ゟ人足四人来也、今日作料壱両弐分渡申候
一 野津田村伴助殿来、木瓜三ツいちこ増吉へ貰申候、其節
御沙汰書写持参、御府内先日押貸り致候浪人共
廿五人召捕ニ相成、昨日之評定ニ而御大名方へ御預ケに
相成候、人躰有之仲ニ者仲条外御支配江御引渡相成候由、
委細之義者異聞録ニ控有之候
一 萬松寺谷勇助娘昨年御府内奉公ニ罷出当三月
廿三日帰宅、途中ゟ風与病発致廿四日ゟ夢中ニ
相成候、圖師小西同人弟麻布医師両人ニ而薬遣候処、
養生不相叶昨夜九ツ時死去致行年廿弐歳、偖々
不備之至両親心躰察入汗涙を流シ申候、已上
一 神谷様御分潰百姓忠兵衛与申もの同人娘此度引込、
親忠兵衛遺言之通り夫婦共引込、同人娘分江半原
出生之もの圖師村弥右衛門与申もの親元致、祝言
相務一同忠兵衛家相続仕候、先日土産も呉候間、為
挨拶与味噌両家ゟ遣ス也