小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 上巻 四月 


四月十六日 朝ゟ晴、薄暑也
 下男和吉・八郎朝作り桑伐弐駄分、夫ゟ六月小豆作伐ニ行、
昼ゟ小豆蒔也
一 御殿普請家根屋三人手伝人野津田ゟ六人才料
与頭源右衛門、孫兵衛・別處芝附馬喜兵衛・才兵衛芝伐人
利右衛門・国五郎、屋根屋昼ゟ壱人来
一 武州多摩郡屋敷分村之百姓家ニ而娵与親与密通
致居候処、忰外ゟ立戻り見付られ赤面致欠出候処、
十五日程行衛不相知罷在候処、其後菩提寺高安寺之
井戸ゟ髪之毛釣出候間相稼(探カ)候処、全右之もの相違
無之早速引取葬り候由、不怪珍事故控置申候