小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 上巻 四月 


四月十四日 朝ゟ皆晴
 下男八郎桑伐夫ゟ沼城大豆蒔也、和吉・弁太も土かけ等ニ行、
馬五郎昨夜全快両三日之内可参趣申之長芋持参
一 御殿御普請米二郎両三日休、順二郎も同断之趣申出候、
米二郎八王子行之由
一 直二郎事宿新屋敷清浄院・萬松寺江行、酒持参也、
幸助・利平司・才蔵・道助手前方迄半紙壱状宛、案内人
五人組清之助連歩行也
一 廣袴村音二郎・野津田村常右衛門来、当十一日内藤新宿
加役方御用先江罷出候処、大蔵村熊二郎事関山・
川嶋弐ケ所之□□ニ而御差出ニ相成、外一同此度功ニ相成
引合相除候由、手先者圖師村半沢出之ものの由御座候、
何物之事ニ御座候哉一向存不申由