小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 上巻 四月 


四月七日 朝ゟ大雨也
 下男八郎朝作り桑伐、和吉町田苗間福全田土入之処留、
夫ゟマフシ拵へ也
一 八郎兵衛方直二郎縁段相頼申候ニ付、手前定紋付単羽織壱ツ
拵へ呉申度、明日上溝江参候積鹿之助行、直二郎も供致参候積、
是も自分之袷拵へ候由御座候
一 大沢徳二郎与申神職相頼、蚕子之店祭り致候様中宿ゟ
申越候間頼也
一 下堤善助殿昨夜江戸ゟ帰る、羊甘壱箱お幸ゟ届
候趣ニ而持参、其節縁段咄致す也、同人娘奉公罷在候屋敷
戸田様奥方近々榎木戸源蔵方へ御引移りニ相成候由御座候