多摩デジタル新選組資料館 新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

梧山堂雑書 文久三年 上巻 二月 


二月七日 朝ゟ曇、雨降也
 下男八郎・馬五郎・宇吉・八蔵四人荒句桑植ニ行、大雨ニ相成候間
一同帰る也
一 鹿之助染屋泊りニ而九ツ時帰宅、色々珍説有之万事異聞録
控有之、浪人組八日出立決定有之候
一 山際村才造来、右地頭所も六日出立相成申候、新屋敷縁段
久右衛門殿ゟ再応之懸合ニ付、何卒出来方頼入候様申来候間、
又吉方へ家内遣シ申候、已上
      一 桑苗弐百五拾本     裏荒句江植る也
           但、作左衛門二百本跡ハ早苗也
一 道助方下女大蔵村甚太郎請人ニ而手金弐分遣シ、十五日頃迄引越
可対談、元別處市松娘也
一 竹二郎同人方江半季奉公ニ抱申候、給金三両弐分外
わらじ懸壱足、股々引替り単物壱ツ遣し可申筈茂兵衛
口入也