多摩デジタル新選組資料館 新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

梧山堂雑書 文久三年 上巻 一月 


正月廿八日 当賀御酒を備、主人五社明神拝礼ニ行
 下男八郎・佐吉大丸江行、茂吉・竹二郎・馬五郎五反田山炭出ス、
詰かへ大工米二郎来
    一 壱人       大工米二郎
    一 半人       順二郎
一 別處吉兵衛借財片付ニ付、利右衛門・武左衛門両人江今日
金四拾両為持真光寺村懸合ニ遣ス也
一 熊坂吉之助来年始、野津田村又二郎・充之助・健造三人共
来、新宅ニ而剱術手合致候也、鹿之助野津田村へ行
一 真光寺村作左衛門殿吉兵衛借財懸合行届、無尽金六両当金
九両右ニ而済方証文請取申候、已上 忠右衛門殿ハ明日与申浅二郎方も同断
      六三
       一 壱両壱分        大豆弐俵
          百廿九文
 五六
一 壱両壱分弐朱      小麦弐俵
          三百五拾弐文
         内
         三百文四百文貸シ 佐吉駄賃預り
          引
           〆百文直上遣ス
       右之通り大丸村萬屋与申醤油屋江売申候
 五五かへ廿七日分
       一 金壱両壱分        大丸萬屋
          壱貫三百六拾文 内高
        右者今日半日分休日ニ付百文八郎江遣ス也
一 野津田村丸山伴助殿来、助郷金一条先方ゟ不申出前
当方ゟ願立候而者如何可有之哉被申聞、此義者先般金沢
差村之節、程ケ谷宿助郷願差出候事も有之候得共御取上無之、
依而者今度之事ハ如何候哉全先方ゟ助郷之義其筋江伺与
申事、然ル上者重而之証拠ニも可相成与存候、先夫迄ハ見合
可然哉奉存候、直帰宅