多摩デジタル新選組資料館 新選組関連資料

小島家の日記『梧山堂雑書』

梧山堂雑書 文久三年 上巻 一月 


正月廿二日 朝ゟ曇夜五ツ時ゟ雨降也
 下男八郎五反田馬屋肥附る也、おきよ・弁太郎散ニ行、主人差図、
竹二郎・馬五郎湯舟日影山土釜詰替、金之助・宇吉両人同所江来、
佐吉布田惣兵衛方へ炭附る也、中田彦太郎逗留也
一 白川門人大工共たばこ屋六左衛門方ニ而参会、尤一昨夜
順之助・六左衛門等江も急度断置候、已上
一 小山田関場善兵衛殿ゟ公辺御触達之書面并青山之
甥之詩作直ニ来也、風呂敷供預り置候
一 夜ニ入馬五郎門十郎方へ忰頼ニ遣ス也、元主人容子
分り次第両三日之内可申上与申越候、竹二郎ハ当年者
奉公見合可申与申聞候