小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 上巻 一月 


正月八日 朝ゟ晴
 下男馬五郎・八郎・竹二郎・宇吉湯舟山槇木伐笹苅なり、
下女弐人弁太主人長坂麦踏、五反田・馬場・沼城等同断、大蔵市右衛門
殿・野津田三左衛門殿年始来、鹿之助野津田石坂共外年始ニ行
  一 金三分        主人紙入ニ有
    千七百五拾四両弐分銭弐百三拾八〆九百四文
       内
     弐百八拾六両三分    諸方預り金
    引
〆千五百弐両壱分       手前物
         七貫七百五拾四文
 右之通勘定ニ而去々酉年与四拾三両壱分三朱延也、外拾両
小山田村大泉寺無尽都合五拾三両壱分三朱延也、全家内之
稼也、然ル処今年米相場蚕子山直段近来稀之高直也、
炭之義登戸出并炭拾弐俵弐分五百文位、佐倉拾俵三分位之
値段ニ相成、主人湯舟萬二郎分山江釜弐ツ築立下男共召連、
年内十月ゟ弁当持参出張、布田炭三拾俵ゟ三拾八俵まて
布田宿惣兵衛殿江附送り申候、去十二月廿八日御地頭所様ゟ
飛脚至来、廿九日出府野津田三左衛門一同罷出候処、昨廿八日
西丸御留居上席騎兵頭山口近江守様与御役被為仰蒙
御当代様ニ而三人様任官与申事、御屋敷御親類様方ハ
不及申御知行所一同無此上珍重之事ニ御座候、先此位
之店卸に相成候得ば大慶至極之事ニ御座候、蚕糸相場
之事九拾六匁より百三匁迄売候得共、当時者八拾五匁位
相場ニ御座候、橋本道助江甲州道中日野宿佐藤彦五郎
娘縁段取極昨十二月二日内々引取祝言為致誠ニ愛度、
 孫増吉日々生長先々安心、学問出情手習等も至而好、家
 繁昌之事ニ御座候、千靍萬亀大入叶愛度、大尾