小島資料館 梧山堂雑書・新選組関連資料

梧山堂雑書 文久三年

梧山堂雑書 文久三年 上巻 一月 


正月七日 朝ゟ曇
 下男休日一同愛度七々草之祝相済、八郎布田宿惣兵衛方へ行、
佐吉も同断
一 附木三抱(把カ)扇子二本手拭弐筋半紙弐状柄杓壱本、
右之通り萬松寺和尚ゟ年玉愛度受納いたし申候
一 神谷武右衛門様百姓与兵衛、昨戌十月中町御奉行所
御掛り江戸深川材木問屋ゟ被相手取御調中御理解
有之候処、同年十二月九日御腰掛ケ欠落いたし行衛不相知
尋中日延、今日宿村々尋方村判帳印形いたし遣ス也、
相給松平伊賀守様名主吉兵衛同断
    一 金四両壱分三朱      郷中并邨取締掛り
          三拾貫百七拾四文
    一 金拾六両弐分       御地頭所先納
         七貫八百拾文
    一 金三分一朱五貫七百六拾文 馬五郎給金引〆
    一 米九拾五俵弐斗      蔵有米
    一 米廿俵          下堤新二郎
    一 米拾八俵         小山田三右衛門
    〆百三拾三俵弐斗
      内廿俵例年之通飯米
     引
      〆百拾三俵弐斗
        此石四拾五石四斗
         代金百三〆百八拾壱文八分
此金百三両鐚五百四拾六文
  一 金六両也       馬代金
  一 金四両弐朱      炭山日雇俵代
         三貫四百六文
 
 日野宿佐藤源二郎・石田作助帰る、八王子宿秋山佐造殿ゟ年始之
使来、年玉年暮共小山田薄井善兵衛忰并すみ年始来、黒川留五郎同断、
鹿之助小山田村へ年始ニ行