瑞穂町図書館/温故知新 ― 瑞穂町を旅する地域資料

That's みずほ

村山大島紬

< 村山大島紬について >
大正以前は綿織物が生産されていたが、大正年間に綿織物の人気が低迷し、逆に都市部での絹織物の人気が高まると、現武蔵村山市で、絹織物の村山大島紬が開発され人気となった。そのため、隣接する瑞穂町域でも絹織物生産が盛んとなった。村山大島紬は家内制手工業形態で生産されたため、当時の瑞穂町内では、たいていの家から機織りをする音が聞こえたものである。(「瑞穂町町制施行70周年記念誌」より)

< 関連する資料 >
>> 『瑞穂町史』掲載 【瑞穂織物略史】 を見る
>> たましん地域文化財団『多摩のあゆみ』第2号掲載記事 を見る


村山大島紬村山大島紬生地見本製造工程
村山大島紬村山大島紬生地見本製造工程
高精細画像を見る高精細画像を見る映像を見る
(映像 1分30秒)
「タイムトラベル いまむかし」 で見る
狭山茶シクラメン横田基地
狭山茶シクラメン横田基地
元狭山地区
「瑞穂第三小学校付近の茶畑」
長岡地区
「シクラメン街道」
石畑地区
「横田基地」