瑞穂町図書館/温故知新 ― 瑞穂町を旅する地域資料

瑞穂町文化財

瑞穂町指定文化財  Designated Cultural Properties by Mizuho-machi

御嶽神社の欅

<所在地 瑞穂町石畑1848番地 御嶽神社境内><Location: Inside the Mitake Shrine Precincts, 1848 Ishihata, Mizuho-machi>
樹幹 目通り 4.2m
    高 さ 17.56m
    樹 齢 約350年
Trunk circumference at eye-level: 4.2 m
Height: 17.56 m
Age: approximately 350 years
 御嶽神社参道の中程に立っている。秋には葉全体が美しく黄色に染まり、神社境内に彩をそえる。The tree stands in the middle of the approach to Mitake shrine.In fall, all of the leaves turn a beautiful yellow, adding color to the shrine precincts.
 明治12年(1879年)頃、石畑の大工・吉岡助右衛門が、御嶽神社の欅を使って現在の「石畑の山車」(町指定文化財)を建造したといわれている。その頃は、御嶽神社には何本もの欅の大樹があったものと思われるが、その中で、この欅は現在まで残された貴重な一本である。Around 1879, it is said that Yoshioka Sukeemon, a carpenter, used a zelkova tree from Mitake Shrine to construct the Ishihata float (cultural property designated by Mizuho-machi).At that time, it is believed that there were many zelkova trees at Mitake Shrine, but only one survives to this day.
※数値は全て、初版が発行された1976年以前のデータである。* All figures are from the first edition, published in 1976 or earlier.